前代表退任あいさつ

前代表 平良 行雄
 皆様方におかれましては、お変わりなくご活躍のことと思います。さて、わたくし平良行雄は、4月に行われる県議会議員選挙に立候補することを決意し、その準備を行なっています。
 振り返れば、先の県知事選挙では、「原発のない安全で豊かな鹿児島」を実現するために『とめよう原発!かごしまの会』からの立候補を決意しました。しかし、「現職知事の4選阻止」と「原発の即時停止・廃炉」を実現するために、告示直前に新人の三反園候補と「政策合意」を結び、立候補を見送りました。これによって、「脱原発」に期待を寄せた多くの県民が三反園氏を当選に導きました。しかし、県知事となった三反園氏は、選挙を支えた多くの県民との大切な公約である「政策合意」を反故にし、県民の期待を裏切る態度をとり続けています。私は、三反園知事を誕生させた当事者の一人として、このような三反園知事の態度を許すことはできません。したがって、多くの皆様のお力添えをいただき、県議会議員として議会ヘ送っていただき、議会の中で直接、三反園知事に「政策合意」を守るように迫っていく決意です。
 このような事情から、これまで担わせていただいた『とめよう原発!かごしまの会』の代表を退任させていただくこととし、8月の総会にてあらたな体制が確認されました。
 会員の皆様方におかれましては、次の時代を担う子どもや孫たちに、安全で豊かな鹿児島をパトンタッチして行けるよう、今後とも、会の活動を支えていただけますよう心よりお願い申し上げまして、代表退任のご挨拶とさせていただきます。




「とめよう原発!かごしまの会」トップページ