ごあいさつ

 去る7月10日に行われました鹿児島県知事選挙におきまして、県内はもとより全国からご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

 今回の選挙では、当初三つ巴の様相を呈しておりましたが、「現職知事の4選阻止」と「川内原発の即時停止・廃炉」を実現すべく、新人候補一本化の協議を行い、私、平良行雄氏が告示直前に降りるという苦渋の判断に至りました。

 幸いにも、新人候補の一本化が大きな要因の一つとなって、三反園氏が当選するに至り、私たちの陣営も大きな役割を果たすことができたものと思っております。

 今回の選挙結果を生み出すことができましたのも、これまでご支援いただいた皆様方にお支えいただいたからに他なりません。改めて感謝申し上げます。

 今後は、三反園氏と交わした「政策合意」を確実に実行してもらうよう精力的に働きかけ、できるだけ早い時期に原発のない鹿児島を実現していく所存ですので、引き続きお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2016年9月
とめよう原発!かごしまの会
代表 平良 行雄




「とめよう原発!かごしまの会」トップページ