2016年6月17日(鹿児島市鴨池新町 鹿児島県庁)

政策合意文書を取り交わし記者会見を開く(右手前が三反園訓氏、その奥が平良行雄)

 三反園氏は知事になった途端、「原子力検討委に反対派も参加させるといった記憶はない」と言い始めましたが、この時の記者会見では以下の通り述べています。

三反園氏の発言(ビデオ録画)

 あのー私自身はあの合意文書見ていただければ分かるんでまず合意文書見ていただかないとですね、まぁ中々あれですけれども、つまり、あの原子力の検討委員会ってのを設けるんですよね。これはその幅広く有識者に入ってもらいますから、いわゆる原発あのー反原発の方々、そしてまぁ幅広いいろんな方に入っていただいて、まぁ公平公正中立な形ん中でですね、県民は何を思っているんか、つまり、避難ゆー、えーの避難道路も含めてですね、えーいろんな面について、そこで検討していただくという形になっていくんじゃないかな、というふうに(?)。やっぱりその、なぜ委員会をつくるかといいますと、そのー、おー県民の不安に応えるということも第一でありますけれども、いわゆる私は、いろんな人の意見を聞く、開かれた政治目指しております。いろんな人の意見を聞いて、幅広い専門家の意見を聞く、そういった委員会をですね、あのー他にも設けていきたいなということは思っております。いずれにしろその委員会ん中でですね、いろんな原子力に関する問題は協議されていく、で協議された内容については、真摯に受け止めて、誠実な政治の中に活かしていくということであります。




「とめよう原発!かごしまの会」トップページ